繰り返し発生する地震に対し模擬地震動・時刻歴地震応答解析

時刻歴地震応答解析

最先端 解析 時刻歴地震応答解析

1.振動解析とは
?

1 最近では、超高層や塔状建物でなくても構造種別や用途によっては、このような振動解析が必要となっています。しかしながら、道具は準備できても、それを上手に使いこなせるかどうかは別な話で、『道具を使いこなす』このことはマニュアルを完備しただけでは実現できず、それらの技術を理解し、多くの経験を積み熟練しなければなりません。当然の事、遠い道のりがあるわけです。そこには、「千里の道も一歩から」まずは、指導書とか教科書とか言われる物がなければなれません。
1 ここで、周りを見渡してみると振動方程式とか理論書と言われるものはあっても「建築技術者のための地震応答解析」と題するような実務者向きの本があまり見あたりません。特に解り易く解説したものとなると皆無に等しいのではないでしょうか。そこでここでは、できるだけ平易に地震応答解析について解説してみたいと思います。
〉

2.振動解析とは
f

1 振動解析概論 1 
構造設計者が建物の構造設計を行う時に大切にしていること、
〉〉 計算が正しくされているか・・・
〉〉 釣り合いは満足しているか・・・
〉〉 応力や変位に異常はないか・・・
〉〉 入力データにミスはないか・・・
さまざまな視点から判断し、最適な構造設計を造り出すことを目指しています。すなわち、大事なことは、計算過程よりはその結果をどう読むか、どう判断するかということです。振動方程式を理解するより、
〉〉 もっと大事なことは・・・
〉〉 出てきた結果をどう読む・・・
〉〉 それを構造設計にどう反映させるか・・・
が大切となります。

h

ノート1 振動方程式とは?
h

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional